ブログ

姿勢+わざ=?!

来月14日・15日の土日2日間、京都の梅小路公園・緑の館で「姿の勢い」ワークショップが開催されます。
ディレクター新海みどりの、鮮やかでシンプルなレッスンで、自分自身の姿の勢いを体感してみませんか。

目の前の問題や状況に対応しようとするとき、自分のしたいことを実現したいとき、勢いのあるからだ、あたま、こころは、しなやかに、力強く、自分を内側から支えてくれます。

これまでわたしたちがしてきた「正しい/間違っている」に基づく学習のしかたを超えて、自分の身心についての感覚と信頼を取り戻す学習としての、アレクサンダー・テクニークです。

お申し込みはメールフォームから。
http://alexander-tech.jp/inquiry/

2014年5月のレッスン情報

2014年5月のレッスン情報です。
興味をお持ちの方なら、どなたでもご参加いただけます。

■京都校
・5/13(火)18:30~21:30

・5/14(水)10:30~13:30

・5/15(木)*10:30~13:30 (*コトバのスタディ)

・5/16(金)14:30~17:30、*18:30~21:30(*オープンクラス)

≪追加日程≫
・5/19(火)13:00~16:00

・5/20(水)10:30~13:30

・5/24(土)10:00~13:00、14:00~17:00

・5/25(日)10:00~13:00、14:00~17:00

・5/26(月)10:00~13:00(トレーニング生、スキルアップコース生は14:30まで)

→都合により中止になりました。
5/26(月)は10:00よりトレーニング生のみ自主練習を行います。

■大阪校
・5/10(土)10:00~13:00、14:00~17:00

(「セラピスト・コース2014」ご登録の方対象)
会場 エル・おおさか 5F504

・5/11(日)10:00~13:00、*14:00~17:00(*オープンクラス)

会場 中野家

・5/31(土)10:00~13:00、14:00~17:00(パートナーシップのアレクサンダー・テクニーク)

会場 ドーンセンター小会議室3

■岡山校
・5/17(土)14:30~17:30

会場 アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 岡山校

・5/17(土)*19:00~22:00(*オープンクラス)

会場 「靴のタツオカ」さん店内(岡山市北区表町)

・5/18(日)9:00~12:00、14:00~17:00

会場 アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 岡山校

〇受講料 各クラス、オープンクラスとも3時間1コマ6,000円
(お振込みにてご入金お願いしております。口座番号は、お申し込み下さった方にお知らせします。)

 

〇お問い合わせ/お申し込み
1. 参加日時、クラス名(ワークショップ名)
2. お名前
3.メールアドレス
4.携帯/お電話番号
5. ご住所
6.ご職業
7.このサイトを知ったきっかけ
8.お申込み(またはお問い合わせ内容)を明記の上、メールフォームより、お申し込みください。

 

 

自主練習

今日は、教師養成コースの卒業生とトレーニングで、学校にて自主練習です。

【靴屋が提案するアレクサンダー・テクニーク講座】May 17, 2014

岡山の靴のタツオカにて。靴屋が提案するアレクサンダー講座、の様子です。

仕事帰りのアレクサンダー・テクニーク・クラス

アレクサンダー・アライアンス・京都校、夕方6時半。
今日は、スーツ姿のサラリーマンの生徒さんたちが仕事帰りに、学びに来て下さいました。
「複数のお客様をひとりで接客する」リアルな接客の課題を、実際にやってみました。

頭のリード、動きに身体全体がついていく。
動きがある注意の向け方を練習して、もう一度。

お客様の立場になった人たちからのフィードバックが大きく変わりました。「ちゃんと見てもらっている、関わってもらってる感じがした」「自分のニーズがはっきり伝わった感じ」

明日から使えるアレクサンダー・テクニーク的仕事術。お仕事帰りにいかがですか?

【レッスン体験談】プロフェッショナルのための音楽家コース3回目

「プロフェッショナルのための音楽家コース/ベーシック」受講生の方から、
第3回目のクラス体験談をお寄せいただきました。
ご紹介させていただきます。

——-

第3回のレッスンでは、「呼吸」が主なテーマだった。

この日、参加者の方が、「ある本によれば、呼吸は原因ではなく結果だ、
とアレクサンダーは考えていた」と話していた。
あとで見てみると、『音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク入門』に
書かれていた。
引用すると、アレクサンダーは、
「呼吸は身体の機能を使った作用の1つであって、
直接コントロールできるものではない」
「[身体の]システムが要求する通りに、すべての部分が完全に調和した
状態であれば、呼吸は勝手に行われる」
と考えていたそうだ。
さらに、「どうやって呼吸するかを考えるのは、そもそも必要がないし、
なんの役にも立たないどころか、有害でさえある」とまで書かれている。

有害なこと、私はやっているなあと思う。
それは、演奏中に「固まってきたな、力を抜こう」などと思ったとき。
胸を張って(肋骨を広げているつもり)大きく息を吸おうとしたり、
みぞおちを締めて(横隔膜を引き上げているつもり)息を吐ききろうとしたり。
呼吸は「原因」ではないのに、呼吸をコントロールして解決しようとしている。
これは、やらないほうがいいことなんだ。

前置きが長くなったが、レッスンでの発見について。

呼吸で空気が入っていくところである肺は、肋骨に守られている。
ガイコツ標本で見ると、この肋骨、自分のイメージよりもかなり幅が広く、
厚みがあるなあと思った。
標本に内側から触れると、背骨(胸椎)につながっている背中側の肋骨は、
かなり丸い弧を描いている。
外から見た「平ら」な背中のイメージとずいぶん違う。
そして肋骨の1本1本が、それぞれ動く。

ここで先生が、胸部の断面図を見せてくださった。
背中側を上にした、シンプルな絵。
それは、意外にもハート形だった!

先生は、ハート形の2つの凸部を指さして「ここにも空気が入ります」と言われた。
そう思ってみると、…なんだか背中側に息が入っていく。
背骨と肋骨が自然に動き、背中全体がふわっと広がる感じがする。
「たくさん息を吸おう」と思ったときは、肋骨まわりに力が入ってしまうのに。
重い引き戸を開け閉めするときも、肋骨の形と背中を思うだけで、
引き戸が軽く感じられるようになった。


もうひとつ、面白かったのは、チェロのレッスンを見学していたときのこと。
先生が、「目線を上げて、1つのところを見て」と言われ、演奏者の方が目線を
変えたそのとき、音楽の響きが床からも、背中からも伝わってきたのを感じた。
足の裏で、身体全体で音楽を聴くって、こんな感じなのかもしれない。

何がどう伝わっているのかは、一瞬一瞬で変わる。
その音楽に対する演奏者と聞き手の評価は、それぞれ別のところにある。
こんなことを体験できるから、レッスンはいつも面白い。

矢崎瑞先生です。
mzh-san1

(関西在住 Berryさん)

【レッスン体験談】プロフェッショナルのための音楽家コース2回目

「プロフェッショナルのための音楽家コース/ベーシック」受講生の方から、
第2回目のクラス体験談をお寄せいただきました。
ご紹介させていただきます。

——-

「音楽家コース/ベーシック」体験(第2回)

日差しが暖かく、新緑の黄緑色が風に揺れる気持ちのいい日。
第2回のレッスンに出かけました。

pansy

参加者のNさんは、自分の演奏を録画で見て、
ピアノと自分が反発しているように感じたそうです。
「ピアノと一体となること」が課題でした。


ピアノでは「脱力」が大切だと言われますが、
それはただダランとなることではありません。
たとえば、腕は「ぶら下がっている」というよりも、
「下におりている」、と矢崎先生は表現されます。

肩や腕にワークをしてもらうと、首がすっと伸び、
たっぷりの空気が肺に入ってきて、視界が明るくなります。
「持ち上げていると、下に落ちていく。
下におりていると、上へのエネルギーが得られる」
という感覚を、味わっている気がします。


キッチンのテーブルには、かわいらしい花と、
いろんなコップやお皿が置かれています。
「好きなものを選んで、相手の前に置いてみましょう」。
私は手を広げてコップをつかみ、身体を傾けながら
腕を伸ばして無造作に向こうに置きました。
手は、まだ触れていないときから、コップの形を作っていました。
これは目的達成主義で、力が入ってしまうのだそうです。

次に、手を大きく広げ、手のひらを下にしてテーブルに置きます。
それから指の第1関節の力を手放すと、指が少し丸まって、
手のひらがテーブルからふわっと離れます。

その手でもう一度、コップを手に取ってみます。
今度は、コップに添うように、手が開いていきます。
触れている手はコップになじみ、余分な力は入っていない感じ。
指先のセンサーで、重さや質感の情報を受け取ることができます。
コップの中の水も、さっきとは違って見えます。

置くときは、腕を伸ばしきらずに、足を動かして相手に近づく。
「レストランの店員さんも、これを学ぶといいですね」
「こんなふうに出されると、料理の味も変わるかも」
と、感想が出ました。

piano_1

ピアノに向かうときも同じです。
「速いテンポ」が目的になると、余計な力が入ります。
構えない手で、骨盤から動かして弾く方向を向き、音楽の流れを思う。
先生は、Nさんに触れながら、腕や手の方向をサポートします。
「一音一音、指先でタッチをするたびに、エネルギーが
ヒュンと上がってくるのを感じましょう」。

Nさんの音が変わっていき、空気に伝わって、
ガラス越しの光も柔らかく動いているようです。
ピアノと一体になると、新芽が伸びるように生き生きと
音楽が流れだすのだと感じました。

(関西在住 Berryさん)

【レッスン体験談】プロフェッショナルのための音楽家コース

4月から「プロフェッショナルのための音楽家コース/ベーシック」のクラスが始まりました。
受講生の方からお寄せいただいた体験談を、ブログでご紹介させていただきます。
ぜひご覧ください。

—–

「音楽家コース/ベーシック」体験(第1回)

桜が残る4月の京都。
アライアンス京都校で開講されている「音楽家コース/ベーシック」に参加した。

講師は、ピアノ講師でアレクサンダー・テクニーク教師の
矢崎瑞(やざきみずほ)先生。

t02200168_0627047812916044480t02200222_0479048312916045369

5回連続講座の第1回は、参加者が「改善したい悩み」や
「今日取り組みたいこと」を話すことから始まった。
大人になってピアノを再開した私。
ジストニアで指が動かなくなった経験を言葉にすると、
頭は一瞬で「その時」に飛んで行き、胸が詰まって声も
出にくくなってしまう。

先生は話を聞きながら、足にワークをしてくださった。
「アレクサンダーで、それはどうなりましたか?」

ぎゅっと縮めていた太腿が下へとおりていき、
胸と背中の間の空間がふっと広がったと感じた。
今この場所に戻ってくる選択ができるようになった、
と自然に答えられた。

「指が動かなくなったからといって、
それは指だけがどうにかなっているのではありません」

全体がどうなっているのか?

全体には、自分全体だけでなく、環境までが含まれる。
楽器も楽譜も、周りの人も、今ここにあるものすべて。
そのものたちに沿っていきながら、習慣的に反応しない。
そんな学習をしていきましょう、と先生は話された。

いつもの自分とキャラクターの違う曲に取り組んでいる、
と話された参加者のTさん。
「人前で表現をして、人の心を少しでも動かしたい」

先生はTさんの足にもワークをする。
「足で床を感じて、今この場所にいる人とつながっていると思うと、
人に伝えたいことが伝わります」

ここから、すこし解剖学的な身体のことへ。
全身の骨格や筋肉の絵を見たり、自分で触れたりするたびに、
自分が持っている身体のイメージとの違いに、驚きがある。

立った姿勢のワークでは、
先生がTさんの肩や腕に手を触れていくと、
Tさんの中に動きがおこる。

「どんな感じですか?」
Tさんの感覚評価は、
「何だかちょっと、えらそうにしている感じ」。
私には、凛々しく堂々とした佇まいに見えた。

実際にピアノの演奏を見てもらう。
「そこ、そこから、いったい何が刺激なんだろう?」
それは指を動かしにくいと感じている所。
その瞬間、右の胸を前に押し出して身体をねじっていた。
弾きにくいという思考の「刺激」に対する、筋肉の「反応」。
自分はまったく気づいていなかった。

「ここに居たままで、弾くことができますか?」
先生の手がサポートしてくれる。
さっきより楽に弾ける。

その日の自分の身心に気づき、参加者同士で発見していく。
次のレッスンが楽しみだ。

(関西在住 Berryさん)

今日は、韓国、ソウル。

Dankook University のThe Institute for the Alexander Technique in Korea の定例イベントに招かれ、韓国人のアレクサンダー・テクニーク教師の方々と一緒にワークショップをしました。

Ms.LeeとMs.Minです。

Mr.Wonは昨夜、ドイツのリトリートワークショップが参加してくれたましたし、先月は京都にも来てくださいました。今日は急遽、通訳をしてくださいました。助かりました!Wonさん、ありがとうございました!

ワークショップが終わった後、東大門の近くのMs.Minのスタジオで、レッスンをエクスチェンジ。

オーガナイザーのJoong-Won、お疲れさまでした。

ピアノ科の学生たちは、だんだん好奇心をもって、正しい答えを覚えるのではなく、wonderをたくさんすることがwonderful!という感じになってきて、楽しいワークショップになりました。

2014年4月のレッスン情報

■京都校
・4/1(火)18:30~21:30

・4/2(水)10:30~13:30

・4/15(火)18:30~21:30

・4/16(水)10:30~13:30

・4/17(木)*10:30~13:30(*コトバのスタディ)

・4/25(金)14:30~17:30、*18:30~21:30(オープンクラス)

《ブルース・ファートマン トレーニングクラス》トレーニング生対象
・4/4(金)14:30~17:30、18:30~21:30

会場 いずれもアレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校

■大阪校
・4/5(土)10:00~13:00、14:00~17:00
(11:00~16:00は「セラピスト・コース2014」半日体験レッスン&説明会)
会場 中野家

・4/6(日)10:00~15:00
(*途中休憩あり。都合により終了時間が変わります)
会場 エル・おおさか 7F706

・4/12(土)10:00~13:00、14:00~17:00
(「セラピスト・コース2014」ご登録の方対象)
会場 エル・おおさか 南75

・4/13(日)10:00~13:00、14:00~17:00
会場 中野家

■岡山校
・4/26(土)14:30~17:30、18:30~21:30
・4/27(日)9:00~12:00
会場 アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 岡山校

・4/27(日)*14:00~17:00(*オープンクラス)
会場 「靴のタツオカ」さん店内(岡山市北区表町)

*******************************************************

〇受講料 各クラス、オープンクラスとも3時間1コマ6,000円
セラピスト・コース半日体験レッスン&説明会は5,000円
(お振込みにてご入金お願いしております。口座番号は、お申し込み下さった方にお知らせします。)

〇お問い合わせ/お申し込み
1.お名前
2.メールアドレス
3.ご住所
4.携帯/お電話番号
5.ご職業
6.受講希望日と時間を明記の上、メールフォームより、お申し込みください。
折り返し、詳細をご連絡いたします。

一覧に戻る