【5/12オンライン】片桐ユズルに聞く

※このオープンクラス/ワークショップは終了しました

 

日本にアレクサンダー・テクニークを”輸入”したのは片桐ユズル。ユズルさんがアレクサンダー・テクニークを知ったのは、オルダス・ハクスリー。
『多次元に生きるー人間の可能性を求めて』(オルダス・ハクスリー著・片桐ユズル訳、コスモス・ライブラリー、2010年)所収のエッセー「両生類の教育」を入り口に、ことば、ことばでないもの、日本語についてなどを巡って皆さんと語らいたいと思います。
以下、このエッセーの冒頭に付されたユズルさんのことばを掲載します。

「人間は言語と非言語の世界に住む両生類です。にもかかわらず教育は言語の世界のみで行われてきました。または身体のみを切り離して特殊な訓練をしたりします。これでは人間の潜在的可能性を実現することはできません。というわけでハクスリーは心身機能をひとつのものとして訓練するアレクサンダー・テクニークを中心にすえた全人間的な教育の見取り図を描きました。マインド・ボディ相関的な訓練をスピリチュアルな教育と地つづきなものとして見たこの論文は、「知ることと、さとること」とともに、ノンバーバル教育の原典ともいえます。」(p25、前掲書)

http://www.kosmos-lby.com/books/shosai105.html

新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、今回はオンラインでの開催とします。

************

詩のことば、日常のことば。専門的な感じと日常的な感じ。
その分野の専門家とその道の専門家でないひとが普通の、同じ言語同じことば…日常のことばを使って、深く探究できる話ができるといい。

ある経験や話をすることで共通の言語を紡ぎ出すプロセスになるといい、この会そのものがその発想に立つものです。

また今年度は、それまで日本文化に入って来ていなかった新しいものを”輸入”してきた「輸入業者としての片桐ユズル」に焦点を当てたいと思います。その解明を通して、わたしたちの<いま>を考え思うことへとつなげていければ、そしてそのプロセスをみなさんとともに楽しみたいと思っています。

~片桐ユズル商会のお取り扱い商品~
・Graded Direct Method*
・詩
・アレクサンダー・テクニーク
・からだとことば
・フォークソング
・一般意味論
・ハクスレー
・その他

* ハーバード大学言語研究所において1940-50年代にかけて、I.A.リチャーズとクリスティン・ギブソンによって開発された段階的英語学習法で、Basic Englishに基づいています。

〇日時:2020年5月12日(火) 19:00 ~21:00

〇参加費:2,000円
(事前にお振り込みください。口座番号はお申し込みくださった方にご連絡いたします。)

〇方法:Zoom
*当日のリンクはお申し込みいただいた際にご連絡いたします

≪お問い合わせ/お申し込み≫

1.ワークショップ・クラス名を「5月片桐ユズルに聞く」とし、
2.お名前
3.メールアドレス
4.ご住所
5.携帯/お電話番号
6.ご職業
以上を明記の上、メールフォーム よりお申込みください。

日時 2020年05月12日 19:00〜2020年5月12日21:00
会場 オンライン
住所

Google Map

アクセス
受講費 2,000円

お申し込み・お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 075-723-5433

オススメのオープンクラスとワークショップ

  • 8/31
    18:30

    西宮市立勤労会館

    【8/31西宮】渡邊康子・個人レッスン

  • 8/26
    10:00

    アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 大阪校またはオンライン

    【8/26大阪・オンライン】新海みどり個人レッスン

  • 8/25
    10:00

    アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校事務局またはオンライン

    【8/25京都・オンライン】新海みどり個人レッスン