「セラピスト・コース 2015」体験レッスン・説明会

※このオープンクラス/ワークショップは終了しました

アレクサンダー・テクニークを学び、臨床で応用しているセラピストによる解説あり!

アレクサンダー・テクニークを実際に体験していただくレッスンです。
 
**********

リハビリテーションにおいて、患者さんや利用者さんが何を経験し学習するかによって、中枢神経系の再構築の仕方が変わってくると考えられています。それはセラピストの学習支援の質によって、彼ら彼女らのその後の生活や人生の質が変化する可能性があるということを意味します。

では、セラピストは患者さんや利用者さんが感じている知覚を探り、より適切な学習課題へと導くためにどのように関わればよいのでしょうか。

私達アレクサンダー教師は、セラピストが自分自身の身体の使い方を洗練させることで、患者さんや利用者さんの知覚経験や学習支援のあり方をより洗練させてゆくことができると考えます。

アレクサンダー・テクニークでは、「自分自身の身体の使い方」を「動きの中で」気づくことを学習します。またアレクサンダー・テクニークは、さまざまな手技や理論を自身の身体を通して統合的に実践していくことにも有効です。学習や実践の過程で起こることを自分の身体で知っているセラピストだからこそ、対象者の「新しい動きの学習」としてのリハビリテーションを実現できるのではないでしょうか。
本コースにおいて、セラピストに必要な「臨床場面における自分と自分自身の身体の使い方」を中心に学習していただきます。

今回の「セラピストコース」体験・説明会では、アレクサンダー・テクニークを学ぶセラピストがわかりやすく解説します。

○昨年度のコース生の声
・以前より、肩こりの頻度や重症度が軽減した。自分の習慣的に力の入っている部位、場面がわかるようになってきた。
(20代 PT)

・患者さんに今までより優しく接する、触れることができるようになった。
(40代 PT)

・患者さんに触れる瞬間、触れているとき、自分の身体がどのようになっているか考えられるようになった。 
 (40代 PT)

・言葉を変えると姿勢が変わる。姿勢が変わると気分が変わり、言葉も変わると実感できた。
(30代 PT)

・施術の際のポジションをつくることをやめることにより、患者さんとのフィット感が自然になった。
(30代 オステオパシー施術者)

・職場での上司やドクター、患者さんとの関係性が取りやすくなった。疲れは身体的にも精神的にも減った。
(40代 OT)

・患者さんとの距離をとる時の自分の姿勢を客観的にみる機会がふえ、身体のなかに起こる動きを体験しながら余分な力みをとるように心掛けています。
(60代 治療家)

・視野が広がり、後輩に指導するときも色々な可能性を幅をもって話すことができるようになりました。
(20代 PT)

→ more フェイスブックページ ノートへ
「アレクサンダー・テクニーク セラピスト・コース2015」は、4月開講の1年間のコースです。

日時 2015年03月14日 11:00〜2015年3月14日13:00
会場 エル・おおさか 5F 501
住所

大阪府大阪市中央区北浜東3-14

Google Map

アクセス 地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅下車
受講費 4,000円

お申し込み・お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 075-723-5433

オススメのオープンクラスとワークショップ

  • 4/29
    10:00

    アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 大阪校

    【4/29大阪】新海みどり個人レッスン・小グループレッスン

  • 4/28
    12:00

    アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校事務局

    【4/28京都】新海みどり・個人レッスン

  • 4/27
    18:30

    西宮市立勤労会館

    【4/27西宮】渡邊康子・個人レッスン