ブログ カテゴリ:レッスンの様子

コトバのスタディ7回目

今日は、これまで学んだことを使って、復習と応用練習をしました。

1)ワンセンテンス・ワンメッセージ
ひとつの文章に情報をひとつにして⚪︎をつける。
2)現在形を使わずに(一般化せずに)コトバにする。
3)「わたしは」、「わたしの」となど所有格をつけて、iメッセージにする。個と一般を明確にする。
4)人称を明確に。できるだけ固有名詞を使い、関係性が分かるようにする。

ということを心掛けて、伝えたいことを文章にしてみます。
次に、その文章を素データにして、そこに接続詞を加え文章に論理性を持たせていくということを試します。

すると、伝えたいことを伝えるために必要だと思っている情報でなくてもよいものが見えてきました。
反対に、必要でないと思い省いていることが実は欠かせないものだったり、伝えたいことを際立たせたりする発見もありました。
自分にどこに立っていて、どのように世界が見えているのか何が見えていないのか、というようなこともはっきりとしてくるようなことが起こりました。

みどり先生の提案に沿ってコトバを使ってみたら、どんなことが起こるのか、どんな気づきがあるのかやってみるクラス「コトバのスタディ」。

英語の先生で、同時通訳もしてこられたみどり先生に学ぶ日本語は、日本独特の価値観を内包したコトバと習慣的思考とは違う入り口から入っていく面白さがあります。
「個」の確立がなされないまま、西洋化の進んだモノや価値観や文化や生活形態と、その変化に追いついていないコトバがややこしくしていることがあるのだとしたら、そこが整理され日本語のよさも損なうことなく使い方に拡がりが出来てくるような、同時にアタマの中も整理されていくようなクラスでした。

「わたし」という個を、コトバの上ではっきりさせることで、世界と自分が分かれてくると、反対に俳句のように世界が自分の方にやってくるような私が主語でない表現も出来るようになるのかもしれない。世界とそれを受け取る感覚受容器としてのわたしが立ち現れ、そうして見える世界には確かにわたしが含まれ、わたしも自分の考えや感情の中だけで生きるのでなく世界を含んでいるのかもしれない。つまり個として在りながら、孤立しているのではない在り方と、それに伴った伝えたいコトバを使えるようになるのかもしれない。というようなことにも話が及びました。
それはまた、次の実験に繋がっていきそうで楽しみです。

ひとつでも、「それってどういうこと❔」と思われた方は、ぜひクラスに参加してみてくださいね♩

次回は、10月16日(木)10:30〜アレクサンダーアライアンス京都校にて。
お待ちしております。

片桐ユズルに聞く。

昨日、25日の夜はアライアンス京都校で、『片桐ユズルに聞く』でした。

話の中心は一般意味論へ。そのなかで、参加者のひとりが、「こないだ、ユズルさんは『僕は知識を売っているわけじゃない』とおっしゃっていたけど、じゃあ一体何を売っているんですか?」と質問。

対するユズルさんの答え。
『僕は知識じゃなくて、知識の使い方を売っているんです。自分の使い方、道具の使い方、ことばの使い方。use ユースだね。』

なるほど!
ユズルさんの売っているものは、使い方だったのか!と聞いていたみんなで感心。

『あんまりたくさんだと大変だけど、ほんの幾つかの知識を知っていれば組み合わせることができるでしょう』
『だから、あてはめの練習をしているんだね。』とにっこり。

アライアンスに来て下さるとき、ユズルさんのリュックにはいつも幾つもの本や資料といった「お道具」 がたくさん入っています。
使い方を教えるために、だったんだなぁ!

帽子もチャーミングなユズルさんです。

次回は9月29日(月)朝10:30〜12:30です。ユズルさんに会って話してみたい方は、アライアンス京都校へ、ぜひいらしてください。

「コトバのスタディ」6回目

今日は、まず「報告をする」練習をしました。

みどり先生からいくつかの提案がありました。
・事実と所見を分けて話す。
・事実から話し始める。
・情報の出どころをはっきりさせる。
・自分というフィルターを通していると思われる事実には「私にはこういうふ うに見えた」などの一言を加えてみる。

事実から始めるのは、相手が「事実を聞いて、それについて自分自身の考えを持つ自由」を作りやすくするためです。
10分という時間を区切って、それぞれが今日のメンバーや仕事関係者などに報告したいことを紙に書いてみました。

『所見(自分の考え)からしか、話し始められない。事実と所見の区別がつきにくい。子どもに頭ごなしにいろいろ言ってしまうときと同じだ。』
『どこまでの事実情報があれば相手に伝わるのか、どこまで伝える必要があるのかわからず、正確に伝えたいと、どんどん説明を加えたくなった。結果、時間内にいちばん伝えたかったところに到達できず、所見も述べられなかった。普段もこうやって伝えたいことが伝えらずに終わっているとしみじみ。』
などの気づきがありました。

次に、このクラスの中で繰り返し練習してきた「ワンセンテンスにワンメッセージ」と「ワンセンテンスごとに口を閉じて空気が鼻から入って来るのを待って、次のセンテンスを話す。」というお道具を使って3分間づつ話をします。

『口を閉じるところまでは出来ても、息が入ってくるのを待てないときがあった。息が入ってくるのを待つ時間を取ることで、階段をひとつひとつ自分で積み上げて行って、それを支えにして話し続けることが出来るような感じがした。いつもなら、相手に伝わっていないのではという考えが湧いてきて、何を言っているのかわからなくなってくる。』
『口を閉じることがほとんど出来なかった。相手が分かるわ〜という顔をしてくれた時に、なにかしらのうれしいやりとりが起こって、そうすると口を閉じることが出来た。』

『相手にどう取られるかを、とても気にしている。面白くないのではないか、わからないのではないか、という考えが湧いてくる。沈黙が怖いので、淀みなくどんどん話したくなった。ゆっくりすぎて退屈だったのではないか。』
この方の話を聞いていた人たちからの感想は、
『わからないことは悪いことではないのだと思った。むしろ興味が湧いて引き込まれていった。ゆっくりだと感じなかったし退屈することもまったくなかった。息が入ってくるのを待つ時間があることで、情報を咀嚼したり想像をする時間を持つことが出来るので、話が分かって共感しやすかった。』

自分にも相手にもほんの少しの時間をあげることで、コトバは本来のコミニケーションぢからを発揮してくれるのかもしれません。
そして、やっぱりよかれと思ってしていること(習慣)が、自分自身の邪魔をして、結果伝えたいことを伝わりにくくしてしまうことがあるのですね。
また、私たちは相手ではなく、自分自身の中にある考えに反応しているときがあるのかもしれないと改めて思いました。

コトバのスタディでは、習慣的になっていきがちな私たちの反応や選択から少し離れて、別のものを意識的に選べるようになるためのお道具を、コトバに注目して取り上げます。
ですから、アレクサンダーテクニーク的コトバのスタディです。

日常という本番でいきなり使うのは、なかなか難しいお道具を、安全な場所であるクラスの中で試してみます。いつもと少しだけ違うことをしてみると、どんなことが起こるのか見てみます。

クラスの後、それぞれ日常の中で試してみてどんなことが起こったか、また一ヶ月後に報告し合うのが楽しみです。

英語の先生でもある新海みどりのアレクサンダーテクニーク的コトバのスタディ。
次回は、9月18日(木)10:30からです。
初めての方もどうぞ気軽にいらしてください。

インターナショナル・サマーリトリートが始まりました!

リトリートの会場、シナジーランチの光景です。

土壁のアドビーの部屋に泊まって、同じ敷地内の大きな部屋や庭を使って一週間を過ごします。ごはんは美味しい野菜料理です(お肉がないことを忘れるほどですが!)。

What is Alexander Technique? アレクサンダー・テクニークって何?
この質問から、リトリートが始まりました。どうやってアレクサンダー・テクニークのを人に伝えるんだろう?それにはきっといろんな方法があるはず・・・

国籍や学習経験の異なるひとたちで小さなteaching teamティーチングチームを作って、この質問に応えるレッスンを毎日少しずつしていくことになりました。

新しい自分を見つける。アレクサンダーを学びはじめたばかりの人も、卒業生も、先生たちも。

さて、どんな一週間になるでしょうか?

Jul 6, 2014

昨夜の岡山、表町の「靴のタツオカ」でのオープンクラスの参加者の皆さんです。

アレクサンダー・テクニークは「刺激に対する習慣的反応を抑制する方法を学ぶ」テクニークです。「抑制」とは「意識的選択」であって、決して「抑圧」ではありませんし、「正しい使い方」でもありません。

「習慣的反応」が間違っている方法ではありません。そのときできる最善のやり方といえるかもしれません。ただそのやり方しか知らないだけです。

「もしその習慣的反応をやめたければやめることができる」方法をしることができれば、より自分らしく、可能性がひろがるかもしれません。

今回は「リーディング&フォローイング」を学んでいただきました。

自分一人で生きているわけではないので、人と葛藤が少なく一緒に生きていくことができると幸せ度が上がると思いますが、いかがでしょう?

今回は「靴のタツオカ」の立岡洋子さん、海人さんも参加してくださいました。

お茶やお菓子も用意してくださっているので、みんなで談笑ができて楽しい場所です。

姿勢+わざ=?!

来月14日・15日の土日2日間、京都の梅小路公園・緑の館で「姿の勢い」ワークショップが開催されます。
ディレクター新海みどりの、鮮やかでシンプルなレッスンで、自分自身の姿の勢いを体感してみませんか。

目の前の問題や状況に対応しようとするとき、自分のしたいことを実現したいとき、勢いのあるからだ、あたま、こころは、しなやかに、力強く、自分を内側から支えてくれます。

これまでわたしたちがしてきた「正しい/間違っている」に基づく学習のしかたを超えて、自分の身心についての感覚と信頼を取り戻す学習としての、アレクサンダー・テクニークです。

お申し込みはメールフォームから。
http://alexander-tech.jp/inquiry/

自主練習

今日は、教師養成コースの卒業生とトレーニングで、学校にて自主練習です。

【靴屋が提案するアレクサンダー・テクニーク講座】May 17, 2014

岡山の靴のタツオカにて。靴屋が提案するアレクサンダー講座、の様子です。

仕事帰りのアレクサンダー・テクニーク・クラス

アレクサンダー・アライアンス・京都校、夕方6時半。
今日は、スーツ姿のサラリーマンの生徒さんたちが仕事帰りに、学びに来て下さいました。
「複数のお客様をひとりで接客する」リアルな接客の課題を、実際にやってみました。

頭のリード、動きに身体全体がついていく。
動きがある注意の向け方を練習して、もう一度。

お客様の立場になった人たちからのフィードバックが大きく変わりました。「ちゃんと見てもらっている、関わってもらってる感じがした」「自分のニーズがはっきり伝わった感じ」

明日から使えるアレクサンダー・テクニーク的仕事術。お仕事帰りにいかがですか?

今日は、韓国、ソウル。

Dankook University のThe Institute for the Alexander Technique in Korea の定例イベントに招かれ、韓国人のアレクサンダー・テクニーク教師の方々と一緒にワークショップをしました。

Ms.LeeとMs.Minです。

Mr.Wonは昨夜、ドイツのリトリートワークショップが参加してくれたましたし、先月は京都にも来てくださいました。今日は急遽、通訳をしてくださいました。助かりました!Wonさん、ありがとうございました!

ワークショップが終わった後、東大門の近くのMs.Minのスタジオで、レッスンをエクスチェンジ。

オーガナイザーのJoong-Won、お疲れさまでした。

ピアノ科の学生たちは、だんだん好奇心をもって、正しい答えを覚えるのではなく、wonderをたくさんすることがwonderful!という感じになってきて、楽しいワークショップになりました。

一覧に戻る